触感(読み)しょっかん

精選版 日本国語大辞典「触感」の解説

しょっ‐かん ショク‥【触感】

① 触れうごくこと。に触れて反応すること。
※済北集(1346頃か)一一・詩話「只任之興恐陥僻邪之坑」 〔郭璞‐九鐘讚〕
② 触覚。また、皮膚に触れる感じ。さわった感じ。手ざわり。はだざわり。〔生物学語彙(1884)〕
※断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一〇「自分並びにかの女の病気中数ケ月間、渠はただ手足の触感ばかりによって満足してゐたこともあるのを思ひ出される」

しょく‐かん【触感】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「触感」の解説

しょっ‐かん〔シヨク‐〕【触感】

物に触れたとき手や肌で受ける感じ。感触。「ごわごわした触感

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「触感」の解説

【触感】しよくかん

物にふれる感覚

字通「触」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android