言事(読み)コトワザ

大辞林 第三版の解説

ことわざ【言事】

言葉と出来事。言葉と事件。 「 -を記し四方よもの志ふみを達いたせり/日本書紀 履中訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いい‐ごと いひ‥【言事】

〘名〙
① 言うこと。
(イ) 言いぐさ。言い方。また、言葉。文言。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「何を賭物(のりもの)にかけん。〈略〉いひごとをかけむ」
(ロ) 口にする話題。話の種。
※大鏡(12C前)三「人々〈略〉興じたてまつりて、そのころのいひごとにこそし侍しか」
② 能で、演者の発する謡の文句・言葉。所作・しぐさに対していう。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「言ひ事の文字にまかせて心をやるべし」
③ 言い争い。口げんか。
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)八月五日「言事其上山なとにて、いひ事有之儀、不然候」

いわまし‐ごと いはまし‥【言事】

〘名〙 言いたいと思っている事柄。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「生けるかひなきや。誰がいはましごとにか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言事の関連情報