コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語の獲得 げんごのかくとくorigin of speech

知恵蔵の解説

言語の獲得

ヒトの文化的活動にとって重要な音声言語が、人類進化の過程でいつ獲得されたかについては、意見が分かれる。発声器官としての声道に関しては、ヒトでは喉頭が頸の中程にあるために咽頭が長く、声帯で作られた声を調整できるが、チンパンジーでは喉頭が口腔の後ろにあるために咽頭が短く、声を調整できない。人類では、歯列の後退と頸部の直立により、口腔の後ろのスペースが狭くなり、喉頭が下降したと考えられるが、それがいつ起こったかに関しては、化石の証拠からは解釈が難しい。言語を組み立てる論理としての大脳の発達に関しては、チンパンジーでも簡単なサイン言語を使えるので、原人なら十分と考えられる。しかし、言語と同様に象徴的思考活動である芸術活動が本格的に出現するのは新人になってからなので、言語に必要な大脳の質的な完成は新人になって初めて起こったと主張する研究者も多い。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

言語の獲得の関連キーワードミラーニューロン人類化口話法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言語の獲得の関連情報