発声器官(読み)はっせいきかん

大辞林 第三版の解説

はっせいきかん【発声器官】

声を出す器官。声帯・口腔・鼻腔など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっせい‐きかん〔‐キクワン〕【発声器官】

音声を発するために用いる器官の総称。喉頭口腔鼻腔など。肺から送り出された呼気を、声帯で振動させて音に変え、口腔や鼻腔で共鳴させて言語音を発生させる。
[補説]声帯から口腔・鼻腔までの共鳴腔は、特に構音器官(調音器官)と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はっせい‐きかん ‥キクヮン【発声器官】

〘名〙 気道内の特定部位にある薄膜状の器官。それを振動させることによって振動音を生じる。哺乳類の帯や共鳴装置、鳥類の鳴管、カエルなどの鳴嚢などを含む。発声器
※南方熊楠の学風(1952)〈桑原武夫〉「また赤ん坊がアババというような無意味な発声をしているのは〈略〉実は発声器官のトレーニングになっているのであって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発声器官の関連情報