コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発声器官 はっせいきかん

大辞林 第三版の解説

はっせいきかん【発声器官】

声を出す器官。声帯・口腔・鼻腔など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっせい‐きかん〔‐キクワン〕【発声器官】

音声を発するために用いる器官の総称。喉頭口腔鼻腔など。肺から送り出された呼気を、声帯で振動させて音に変え、口腔や鼻腔で共鳴させて言語音を発生させる。
[補説]声帯から口腔・鼻腔までの共鳴腔は、特に構音器官(調音器官)と呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

発声器官の関連キーワード脳卒中の後遺症とリハビリテーションパラサウロロフスファブリキウス言語の獲得テナガザルホエザル言語障害さえずり構音器官喉頭がんハミング二十五諦声帯襞失声症無言症失読症失語症呼吸器人類補説

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発声器官の関連情報