コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発声器官 はっせいきかん

大辞林 第三版の解説

はっせいきかん【発声器官】

声を出す器官。声帯・口腔・鼻腔など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっせい‐きかん〔‐キクワン〕【発声器官】

音声を発するために用いる器官の総称。喉頭口腔鼻腔など。肺から送り出された呼気を、声帯で振動させて音に変え、口腔や鼻腔で共鳴させて言語音を発生させる。
[補説]声帯から口腔・鼻腔までの共鳴腔は、特に構音器官(調音器官)と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

発声器官の関連キーワード脳卒中の後遺症とリハビリテーションパラサウロロフスファブリキウス言語の獲得テナガザルホエザル構音器官さえずり喉頭がんハミング言語障害二十五諦失語症失声症無言症失読症声帯襞呼吸器人類補説

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android