発声器官(読み)はっせいきかん

  • はっせいきかん ‥キクヮン
  • はっせいきかん〔キクワン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 気道内の特定部位にある薄膜状の器官。それを振動させることによって振動音を生じる。哺乳類の声帯や共鳴装置、鳥類の鳴管、カエルなどの鳴嚢などを含む。発声器。
※南方熊楠の学風(1952)〈桑原武夫〉「また赤ん坊がアババというような無意味な発声をしているのは〈略〉実は発声器官のトレーニングになっているのであって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発声器官の関連情報