発声器官(読み)はっせいきかん

大辞林 第三版の解説

はっせいきかん【発声器官】

声を出す器官。声帯・口腔・鼻腔など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっせい‐きかん〔‐キクワン〕【発声器官】

音声を発するために用いる器官の総称。喉頭口腔鼻腔など。肺から送り出された呼気を、声帯で振動させて音に変え、口腔や鼻腔で共鳴させて言語音を発生させる。
[補説]声帯から口腔・鼻腔までの共鳴腔は、特に構音器官(調音器官)と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android