コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語四種論 ゲンギョシシュロン

デジタル大辞泉の解説

げんぎょししゅろん【言語四種論】

江戸時代の語学書。1巻。鈴木朖(すずきあきら)著。文政7年(1824)刊。国語の品詞を体ノ詞、形状(ありかた)ノ詞、作用(しわざ)ノ詞、テニヲハの4種とすべきことを論じたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんぎょししゅろん【言語四種論】

語学書。一巻。鈴木朖あきら著。1824年刊。言語を「体ノ詞」「形状ありかたノ詞」「作用しわざノ詞」「テニヲハ」の四つに分けるべきことを述べる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語四種論
げんぎょししゅろん

品詞分類の書。鈴木朖(あきら)(1764―1837)著。1824年(文政7)刊。雅語の品詞分類を説いたもの。「体ノ詞(「ことば」と読む。名詞)」、「形状(アリカタ)ノ詞(用言のうち終止形がイ段で終わるもの)・作用(シワザ)ノ詞(用言のうち終止形がウ段で終わるもの)」、「テニヲハ(感動詞・副詞・助詞・助動詞・活用語尾)」の3類4種に分ける。アリを「形状ノ詞」に入れる点や、テニヲハに感動詞などを入れる点が注目される。詞とテニヲハの違いについては「三種ノ詞ハサス所アリ、テニヲハゝサス所ナシ、(中略)三種ハ物事ヲサシアラハシテ詞トナリ、テニヲハゝ其詞ニツケル心ノ声也」などと述べている。これらの説は時枝誠記(もとき)(1900―67)の言語過程説にも影響を及ぼすが、時枝は活用語尾をテニヲハとしない点が鈴木朖と異なる。[古田 啓]
『岡田稔・市橋鐸編『鈴木朖』(1967・鈴木朖顕彰会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

言語四種論の関連キーワード詞(日本語文法)てにをは時枝誠記

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android