コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てにをは

世界大百科事典 第2版の解説

てにをは

日本語の単語の1類の名称で,助詞または助詞・助動詞にほぼ当たる。この名は鎌倉時代の初めから見え,やや後に〈てには〉ともある。これらの名は漢文訓読の際に用いる〈をこと点〉から出た。〈をこと点〉には各種の点式があるが,博士家で用いた点式での点のよび方によるものが〈てにをは〉で,〈てには〉はその略とも,また別の点式によるものともみられる。この名で一括されるものは,〈をこと点〉で示されるような語一般であるらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

てにをは
てにをは

「てには」ともいう。漢文訓読の際に付される「ヲコト点(乎古止点)」より発した語。ヲコト点のうち、博士家(はかせけ)点などに用いられる(田の字に似た四角形の)四隅の点を左下から右回りに順に読むと「てにをは」となり、そこに起源が求められる。この起源を明らかにしたのは江戸時代の栂井道敏(とがのいみちとし)の『てには網引綱(あびきづな)』である。室町時代から「てにをは」は「出葉」の意で、草木の名前も春にその葉が出て明らかとなるが、表現も「てにをは」がついてその内容が明らかとなるところからの名称という考えが伝わっていたのを否定して出されたもの。源師時(もろとき)の日記『長秋記(ちょうしゅうき)』にヲコト点を「てにをは点」とよんだ例もあり、道敏の説は確実なものとして認められている。鎌倉時代以後、和歌や連歌(れんが)の世界では、語句の続き方の可否を定める際の語として使われるようになり、以後、「てにをはが合わない」のような言い方が残る。「てにをは」は、その由来からいって、漢文訓読の際に補読される語の意味で、助詞・助動詞など種々の語を含む名称であるが、「て・に・を・は」のそれぞれが助詞であることから、助詞の代名詞的な使われ方もする。「てにをは」を品詞分類の一名目として最初に用いたのは鈴木朖(あきら)の『言語四種論(げんぎょししゅろん)』。以後、「動かぬてにをは」「動くてにをは」などの呼び方で、助詞・助動詞の総称という使われ方もする。
 品詞の一名目として「てにをは」を用いることは明治時代以後の文法でも行われたが、西欧文典の浸透に伴い、品詞名は、その訳語としての漢語名に統一される傾向になっていき、現在の文法論で「てにをは」を品詞名とすることはない。従来の流れを受け、「助詞の別称」「助詞・助動詞の類の別称」「語句の続き具合」といった意味の語として使われる程度である。[山口明穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のてにをはの言及

【国語学】より

…後に述べる契沖の研究は,これに対する反論である。また鎌倉時代から室町時代にかけて,しだいに,〈てにをは〉の問題が,修辞の面から注意を払われ,これが,後世の文法研究の源をなすのである。字書の編纂は,古くから行われた。…

※「てにをは」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

てにをはの関連キーワード弖爾乎波・天爾遠波折り合い・折合い弖爾波・手爾波俳諧天爾波抄天爾葉大概抄手爾葉大概抄助辞本義一覧春樹顕秘抄玉の緒繰分富士谷御杖富士谷成章詞の緒環言霊指南栂井道敏萩原広道東条義門詞の玉緒同字切れ弖爾乎波姉小路式

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てにをはの関連情報