言語系統論(読み)げんごけいとうろん(英語表記)linguistic genealogy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語系統論
げんごけいとうろん
linguistic genealogy

親縁関係にある諸言語,すなわち同一の祖語から分れて発達してきたと考えられる諸言語について,それらの諸言語は「系統が同じである」ともいわれるが,言語間のこの種の系統関係,あるいはそれが存在するかどうかに関する研究を言語系統論という。まだ系統のわかっていない言語についてそれが他のどの言語と親縁関係をもつかを究明しようとする研究をいうことが多い。 (→比較言語学 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんごけいとうろん【言語系統論】

比較言語学の方法によって言語の系統を問題にする歴史言語学の一分野。たとえば,英語とフランス語は現在では別個の言語だが,系統的にはともにインド・ヨーロッパ語族に属する。地域的な隣接は系統とは関係がない。また類型的な一致も系統の証明にはならない。これまで日本語はアルタイ諸語アイヌ語など多くの言語と同系とされ,最近では南インドのドラビダ語族タミル語との関係が注目されているが,いずれも十分な証明はえられていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の言語系統論の言及

【言語類型論】より

…何千といわれる世界中の言語を分類するおもな方法には,(1)系統的,(2)地理的,(3)類型論的分類,の3種類がある。(1)は同一の源となる言語(祖語)から分岐したか否かを基準とするいわゆる言語系統論の分類で,それによりインド・ヨーロッパ語族,セム語族などといった語族分けが行われる。(2)は言語の地理的分布に基づく分類で,系統とは無関係に特定の地域に行われる言語を一グループとしてまとめるものであり,バルカン言語圏などもこの分類に属する。…

※「言語系統論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android