コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計り無し ハカリナシ

デジタル大辞泉の解説

計(はか)り無・し

手立てがない。どうしようもない。
「―・く便りなき学生」〈宇津保・祭の使〉
無量である。数えきれない。計りきれない。
「一日の出家の功徳は―・きものなれば」〈・夢浮橋〉
(「言うはかりなし」「申すはかりなし」の形で)なんとも言いようがない。言い尽くせない。
「たのしみさかえ、申すはかりもなかりつるに」〈平家・三〉
思慮がない。分別がない。
「隆方は―・き心ばへにて」〈今鏡・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はかりなし【計り無し】

目当てがない。方法がない。 「あふ-・くてのみふる我が恋を人目にかくる事のわびしさ/後撰 恋六
限度がわからない。際限がない。 「 - ・き千ひろの底のみるぶさの/源氏
(「言うはかりなし」「申すはかりなし」の形で)言葉で言いつくせない。 「思ひを西海千里の雲に寄せ、…悲しともいふ-・し/平家 灌頂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

計り無しの関連キーワード計り・量り灌頂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android