コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訥弁/訥辯 トツベン

デジタル大辞泉の解説

とつ‐べん【×訥弁/××辯】

[名・形動]話し方がなめらかでないこと。また、そのさま。
「―ナ人」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とつべん【訥弁】

つかえたりして、なめらかでないへたなしゃべり方。 ↔ 能弁 「 -だが真情のこもった話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

訥弁/訥辯の関連キーワード勉・便・勉・娩・弁・瓣・辨・辯・鞭・駢一龍斎 貞山(3代目)一竜斎貞山(3代)沢村宗十郎(7世)沢村宗十郎(5世)突・凸・突・訥不弁・不辯劣等感不弁木訥能弁真情話す

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android