コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口重 クチオモ

デジタル大辞泉の解説

くち‐おも【口重】

[名・形動]
ゆっくりと話すこと。また、そのさま。「口重に真相を語る」⇔口軽(くちがる)
軽々しくものを言わないこと。また、そのさま。⇔口軽(くちがる)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちおも【口重】

( 名 ・形動 )
軽々しくものを言わないこと。口数が少ないこと。また、そのさま。 ↔ 口軽くちがる 「 -で容易に物を言はず/戸隠山紀行 美妙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口重の関連キーワード山口シヅエ(本名:静江)大阪府東大阪市若江東町山之口貘・山之口獏相互インダクタンスフレミングの法則部曲(中国古代)ファラデーの法則静電エネルギークーロンの法則レンツの法則満州国協和会山口シヅエライデン瓶大久保忠隣高橋多一郎人口重心摩擦電気電流密度山之口貘小沢開作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android