(読み)ワケ

デジタル大辞泉「訳」の解説

わけ【訳】

《「分け」と同語源》
物事の道理。すじみち。「のわからない人」「を説明する」
言葉などの表す内容、意味。「言うことのがわからない」
理由。事情。いきさつ。「これには深いがある」「どうしたかきげんが悪い」
男女間のいきさつ。また、情事。「のありそうな二人」
(「わけにはいかない」の形で)そうすることはできない。筋道ではない。「やらないにはいかない」
(「わけではない」の形で)否定・断定をやわらげた言い方。「だからといって君が憎いではない」「別に反対するではない」
結果として、それが当然であること。
「やっと今度、その宿望がかなった―です」〈堀辰雄・美しい村〉
遊里のしきたりや作法。
「色道の―を会得せねば」〈・韓人漢文〉
[下接語]言い訳入り訳内訳事訳諸(しょ)訳申し訳

やく【訳〔譯〕】[漢字項目]

[音]ヤク(呉) [わけ
学習漢字]6年
ヤク〉他の言語に言いかえる。「訳載訳者訳出訳文意訳完訳誤訳重訳抄訳対訳直訳通訳点訳翻訳名訳和訳
〈わけ〉「事訳諸訳
[名のり]つぐ

やく【訳】

訳すこと。また、その文章語句。翻訳。「英文に日本語のをつける」「源氏物語の現代語
漢字の訓。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「訳」の解説

やく‐・する【訳】

〘他サ変〙 やく・す 〘他サ変〙
① 意味・内容を明らかにする。ときあかす。解釈する。
② ある国の言語・文章を、他の国の言語・文章に移し替える。翻訳する。
※不空羂索神呪心経寛徳二年点(1045)「此の神典は北印度の国の沙門闍那崛多已に随に訳(ヤクシ)て紀せり」
古語漢語の文章を現代語の文章になおす。解釈する。

やく‐・す【訳】

[1] 〘他サ変〙 ⇒やくする(訳)
[2] 〘他サ五(四)〙 (サ変から転じたもの) =やくする(訳)
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二「平生金魚と訳す『ゴールド、フヒッシュ』は我金鮒の事なり」

やく【訳】

〘名〙
① 訳すこと。また、その訳した文字や文章。
正法眼蔵(1231‐53)転法輪旧訳あり新訳ありといへども」 〔司馬相如‐喩巴蜀檄〕
② 漢字を和訳すること。また、その訳した訓。和訓。よみ。訓。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android