コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証拠共通の原則 しょうこきょうつうのげんそくGemeinschaftlichkeit der Beweismittel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証拠共通の原則
しょうこきょうつうのげんそく
Gemeinschaftlichkeit der Beweismittel

当事者の一方の提出した証拠は,その者に有利な事実の認定に用いられるのみならず,相手方に有利な事実の認定の資料にもなりうること。自由心証主義 (民事訴訟法 185) のもとでは,裁判所は当事者の提出した証拠の評価を自由に判断できることの結果である。そこで証拠調べの開始後は相手方に有利な証拠資料の現れる可能性があるので,証拠の申し出をした当事者は証拠調べに入る前は自由にその申し出を撤回できるが,証拠調べ開始後は相手方の同意がなければ自由に申し出を撤回できない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android