コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞の玉緒 コトバノタマノオ

大辞林 第三版の解説

ことばのたまのお【詞の玉緒】

語学書。七巻。本居宣長のりなが著。1779年成立、1785年刊。「てにをは紐鏡ひもかがみ」の解説書。係り結びの呼応を「八代集」を中心とする資料によって実証したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詞の玉緒
ことばのたまのお

「てにをは」研究書。本居宣長(もとおりのりなが)著。1785年(天明5)刊。著者の『てにをは紐鏡(ひもかがみ)』(1771)に示した係り結びの法則を中心として、雅語のテニヲハの用法を整理し、証歌をあげて説明した書。書名は、詞(自立語)を玉に、テニヲハをそれを結ぶ緒に見立てるところからきている。全7巻よりなるが、一之巻は、『てにをは紐鏡』で示した「三転」(活用する語の終わり方が終止形・連体形・已然(いぜん)形の三つの形に転ずること)の基本的な例をあげる。二之巻はその基本形を外れるもの、三之巻から五之巻は係りのテニヲハ、六之巻は結びのテニヲハについて、それぞれ説明し証歌をあげている。以上は「八代集」時代の和歌を基にしているが、七之巻は奈良時代の和歌と平安時代の散文を取り上げている。
 係り結びを初めて体系的に法則化した意義がまず認められるが、そのほかにも、動詞の自他や構文への理解が注目される。また、多くの具体的な例から帰納する方法論や、後世への影響の大きさなどからいっても、本居学派の文法書の中核をなしている。[古田 啓]
『『本居宣長全集 第5巻』(1970・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

詞の玉緒の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)助辞本義一覧てにをは紐鏡テニヲハ権田直助詞の緒環係り結び八代集鈴木朖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android