コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞通路 ことばのかよいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詞通路
ことばのかよいじ

本居春庭著。3巻。文政 11 (1828) 年成。天保3 (32) 年頃の刊。本居宣長の考えを発展させ,動詞に自と他の別を6種類に分けて立てたもの。ほかに,延言懸詞 (かけことば) ,語句の係り受けに関する研究も含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ことばのかよいじ〔ことばのかよひぢ〕【詞通路】

江戸後期の語学書。3巻。本居春庭(もとおりはるにわ)著。文政11年(1828)成立。動詞の自他の区別、掛け詞、動詞の語尾の延言・約音、語句の係り受けなどを説明したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ことばのかよいじ【詞通路】

語学書。三巻。本居春庭著。1829年刊。動詞の自他について六種に分けて論じるほか、掛け詞・延言・約言などについても述べる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詞通路の関連キーワード詞八衢約言