コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸詞 かけことば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懸詞
かけことば

歌謡,和歌をはじめとして,主として韻文に用いられた修辞技法の一つ。同音異義語を利用して,1語で2語以上の意味を兼ね表わすようにするもの。たとえば「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」の和歌で,「ふる」は月日が経過する意の「経 (ふ) る」と「降る」との両意を兼ね,「ながめ」がぼんやりとする意の「眺め」と「長雨 (ながめ) 」との両意を兼ねるというようなもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

懸詞【かけことば】

和歌などの修辞の一種で,日本文学独特のもの。同じ音に二つ以上の意味をもたせる表現法。〈花の色は移りにけりな徒に我身世にふるながめせしまに〉で,〈ふる〉は〈経る〉と〈降る〉,〈ながめ〉は〈眺め〉と〈長雨〉の両義をかけている。
→関連項目縁語序詞レトリック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かけことば【懸詞】

掛詞とも記す。和歌そのほかの古い文学で同音異義の2語を2回繰り返さないで,1語によって2語の役目を果たすように使われた語。ただし,同音といっても清濁の相違は問題とされない。懸詞の例をあげると,〈花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに〉(《古今集》)において,〈ふる〉が〈古(ふ)る〉と〈降る〉,〈ながめ〉が〈詠(なが)め〉と〈長雨(ながめ)〉を言い掛けたようなものをいう。この和歌では〈降る〉と〈長雨〉とを縁語というが,懸詞と縁語はともなって用いられることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懸詞
かけことば

和歌の修辞法の一つ。「掛詞」とも書く。同音異義を利用して、一つの語を二つの意味に働かせる技法。たとえば「立ち別れいなばの山の峰に生(お)ふるまつとし聞かば今帰り来(こ)む」の場合は、「いなば」が「立ち別れ往なば」と「因幡の山」、「まつ」が「峰に生ふる」と「待つとし聞かば」のそれぞれ両義に働いていて、一義は上文に、一義は下文に連関し、そこで意味の転換を図って、しかも上文と下文とを有機的につなぐ役割を果たしている。また「梓弓(あずさゆみ)はる(張る、春)の山辺を」、あるいは「風吹けば沖つ白波たつた山(立つ、立田山)」などの場合は、枕詞(まくらことば)や序詞(じょことば)によって導き出される語の初めの部分が両義に働き、「唐衣(からころも)着つつなれ(慣れ、褻れ)にしつま(妻、褄)しあればはるばる(遙々、張る)来(き)ぬる旅をしぞ思ふ」の場合は、一方が「唐衣」と縁語の関係になっている。もともと短詩型文学特有の技法であるが、謡曲、浄瑠璃(じょうるり)などにも、飾りの技法として多用されている。[久保木哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の懸詞の言及

【言語遊戯】より

…日本語の音節組織の単純さが同音異義語による遊びの可能性を生み,漢字・仮名の用法の複雑さがそれに輪をかけるのである。わらべうたはもちろん,平安・室町から江戸時代にいたる俗謡,狂言,俳諧,川柳,戯作などの民衆文芸には猥雑なエネルギーをもった言語遊戯が満ちているし,和歌や能のような高度の言語芸術も枕詞(まくらことば)や懸詞(かけことば)などの複雑な言語遊戯と切り離せない。明治以後の文学の主流となったリアリズム(写実主義)は言語遊戯になじまなかったが,井上ひさしや筒井康隆などの現代作家は積極的にこれを方法化して駆使している。…

※「懸詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懸詞の関連キーワード新古今和歌集俳句(文学)歌舞伎の用語よしや思鶴トルコ文学言語遊戯相川音頭十市の里藤原有家伊勢大輔ゆすり場俳諧歌つらね修辞学古今調詞通路歌枕フジ唐衣謡曲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸詞の関連情報