誤算(読み)ごさん

精選版 日本国語大辞典「誤算」の解説

ご‐さん【誤算】

〘名〙
① まちがって計算すること。また、その計違算
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「若し光陰を誤算して用ふれば、常に奔忙混乱して」
② あやまった推定。見込みちがい。
※無名作家の日記(1918)〈菊池寛〉「芸術に志す者に取って、天分の誤算は致命的の失策だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誤算」の解説

ご‐さん【誤算】

[名](スル)
計算をまちがえること。また、その計算。
推測や予想に誤りがあること。見込み違い。読み違い。「相手の能力を誤算していた」
[類語]的外れお門違い場違い筋違い頓珍漢見当違い見当外れ期待外れ・目算違い・当て外れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android