コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋違い/筋交い スジカイ

デジタル大辞泉の解説

すじ‐かい〔すぢかひ〕【筋違い/筋交い】

斜めに交差していること。また、斜めであること。はすかい。「―にしばる」「交差点を隔てて―にある家」
木造建築などで、地震・風などによる変形を防ぐため、骨組みの間に斜めに入れる材。

すじ‐ちがい〔すぢちがひ〕【筋違い】

[名・形動]
ある物に対して斜めの方向に位置すること。すじかい。「郵便局の筋違いに交番がある」
道理にはずれた言動をするさま。「筋違いな要求」
見当違い。おかど違い。「私に苦情を言うのは筋違いだ」
急激に無理な動きをして筋肉を痛めること。すじちがえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すじちがい【筋違い】

( 名 ・形動 )
道理にはずれていること。手続きが違っていること。また、そのさま。 「 -な話」
見当ちがい。 「僕に文句をいうのは-だよ」
関節などの筋肉を、急に動かしたり不自然な動作をしたりして痛めること。
ななめ。はすかい。すじかい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筋違い/筋交いの関連キーワード江戸の敵を長崎で討つ真壁(建築)柔道整復師将棋の用語茶筅袖垣筋が違う虎落笛逆恨み軸組虎落違い定跡

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android