コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読会制 どっかいせい reading system

2件 の用語解説(読会制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

読会制
どっかいせい
reading system

議会の本会議で議案審議を行うための制度。法案を朗読してから審議するというイギリスの先例にならった制度であり,今日,アメリカやイギリスなど西欧諸国の多くで議案を慎重に審議するために採用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

読会制【どっかいせい】

議会の本会議における議案審議の段階制度。審議を慎重にするのが目的。英国で発達,日本でも帝国議会で採用。法律案は議決までに3度の読会(審議)を経なければならなかったが,議決により省略もできた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

読会制の関連キーワードJISC電子会議議案常任委員会委員会読会評議員通年議会金融審議会議会の決議

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone