コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課徴金納付命令 カチョウキンノウフメイレイ

デジタル大辞泉の解説

かちょうきんのうふ‐めいれい〔クワチヨウキンナフフ‐〕【課徴金納付命令】

独占禁止法における措置の一つ。私的独占・談合カルテルなど同法の規定に違反する行為を行った事業者に対して公正取引委員会課徴金の国庫納付を命じること。課徴金額はカルテルや談合が行われていた期間(最長3年)における対象商品などの売上額に課徴金算定率(事業者規模や業種により異なる)を乗じて計算される(100万円以上)。カルテルや談合に関与した事業者が、公正取引委員会による調査開始前後に自主的に報告した場合は、申請順に最大5社まで課徴金の免除または減免を受けることができる(課徴金減免制度)。排除措置命令および課徴金納付命令に不服がある場合、事業者は命令の解除を求める審判を請求することができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

課徴金納付命令の関連キーワード鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事談合事件東芝の不正会計問題相場操縦下請法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

課徴金納付命令の関連情報