コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調整法 ちょうせいほうmethod of adjustment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調整法
ちょうせいほう
method of adjustment

歴史的には平均誤差法 method of average errorとも呼ばれ,精神測定法の一種。の測定や等価刺激の測定に用いられる。通常,一定の標準刺激と,自由にその大小,長短あるいは強弱を調整することができる変化刺激とが与えられ,被験者 (場合によっては実験者) の調整を待って,反応の変化点に対応する刺激値が求められる。きわめて自然な方法であり,特に等価刺激測定法としてすぐれている。また,継時的変化を追うのにも適した方法といえる。しかし,測定の主要操作が被験者にまかされているという点で操作の反復性と結果の再現可能性に問題があるといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

調整法の関連キーワード輸出入品等臨時措置法タフトハートレー法グラムラドマン法金利調整審議会日銀政策委員会ニューディール労働争議調停法ロックアウト抜打ちスト労働基準法農地委員会仲裁委員会ピーキング季節調整金融三法コーエン支持価格友田安清規制金利争議制限

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調整法の関連情報