コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国語教育 がいこくごきょういく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国語教育
がいこくごきょういく

児童が成長の過程で自然に習得する母国語以外の言語を教育すること。その目的は意志伝達のほか,言語の理解を通じて他国の諸文化を理解することにもある。日本における漢文教育,ヨーロッパのラテン語教育などは直接の伝達手段としてよりも,もっぱらその背景にある文化に接することを目的としていた。現代外国語の教育が学校教育に取入れられたのは一般的には 18世紀以後である。教授方法は文法,訳読法と直接教授法とに2分されるがオーラル・メソッドなど直接教授法が主流となりつつある。日本では主として英語,ドイツ語フランス語が教えられるが,諸外国でも国連公用語である英語,フランス語,ロシア語スペイン語,中国語およびドイツ語の1ないし2を一般教養として教えるところが多い。かつては中等教育段階からと考えられたが,現代ではその開始時期は早められる傾向にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がいこくごきょういく【外国語教育】

外国語を教育する一般的目標は,(1)言語としての外国語を学ぶことによって学生・生徒の言語意識を鋭くし,国語に対する理解と意識を高め,(2)言語の表現する内容の理解を通じて諸外国の文化に接触せしめ,これによって国民文化をいっそう深く理解せしめることである。学校における外国語教育には,したがって,特定部門を専攻するための基礎を修得させる実用的・専門的教育と,一般教養的な教育との2方向が包含されている。 日本の外国語教育の歴史は,広義には洋学輸入の歴史である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外国語教育
がいこくごきょういく

この地球上には方言を除いて約3000もの自然言語が使われているといわれるが、そのうちのある言語を、それを母国語とする国とか社会とかで教える活動が母国語教育となり、それを母国語としない国とか社会とかで教える活動が外国語教育あるいは第二言語教育と位置づけられる。

外国の外国語教育の歴史

ヨーロッパ諸国においては外国語教育は早くから行われていたが、それはおもにギリシア語やラテン語などによる古典的教養や宗教教育のためであった。外国語教育が組織的に学校教育に取り入れられたのは18世紀後半のことであり、現代外国語が教科目に入れられたのは19世紀以後のことである。一方アメリカでは、近代語教育の必要性が早くから痛感され、なんらかの形で外国語が教えられたのは18世紀後半のフランス語であり、ついでイタリア語、スペイン語、ポルトガル語など、そしてその後ドイツ語が教えられた。こうして1860年代ごろには、アメリカでは主要なハイスクールやアカデミーで現代外国語がカリキュラムにその位置を占めるに至った。

わが国の外国語教育の歴史

われわれ日本人が母国語である日本語以外の言語すなわち外国語を学んだという観点からすれば、4世紀ごろから漢字漢文を学び始めたとする説があるし、最初の西洋語であるポルトガル語に接したのは、1543年(天文12)ポルトガル人の種子島(たねがしま)漂着の際であった。そして17世紀後半にはオランダ語に移り、1808年(文化5)、イギリスの軍艦フェートン号が長崎に不法侵入した事件をきっかけに英語学習の必要性が叫ばれるようになった。外国語科、つまり教科としての外国語は、少なくとも中等学校に関する限り、1872年(明治5)の学制に「外国語学」が教科の名称として含められて以来である。その外国語の種類も、第一外国語として英語、第二外国語としてドイツ語またはフランス語を基調としながら、学校教育に位置づけられてきた。

外国語教育の目的・特性・教授法

母国語を異にする人々の間の交流がますます盛んになってきた現在、世界の中等学校において外国語教育が行われていない国はほとんどないといってよい。一般的にいえば、外国語教育はいずれの国においても、知的・社会的訓練とともに一般教養として、また、互いに意志、感情、思想を疎通させる道具を得るという実用的目的をもって行われる。国際共通語といわれる英語の場合、この実用性がいっそう強調されている。
 外国語教育には、母国語教育に共通する側面すなわち言語観と、外国語教育にしかみいだせない特性とが存在する。前者については、たとえば、言語の本質は音声であり文字は二次的表出手段であるとの見方があり、後者については、たとえば、学習者がすでに第一言語(母国語)を習得したのちに開始すること、多くは学校教育において限られた期間内になされること、などがあげられる。
 外国語教授法としては、ギリシア語やラテン語などの古典語の学習方法をそのまままねたといわれる文法・訳読式教授法が古くから行われてきたが、新しい言語観に基づく音声重視の教授法が次々と導入され、今日では種々の方法の優れたところを折衷して教えているのが実状であるといってよい。今後の課題としては、教授法の改善とともに適切な教材の開発、時間数や外国語学習開始年齢の検討などがある。[垣田直巳]
『W・F・マッケイ著、伊藤健三・和田正吾・池田重三訳『言語教育分析』(1979・大修館書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の外国語教育の言及

【フランス語】より

…しかし明治憲法の制定をきっかけにドイツ系の学問が盛んになるに及び,当初より英語優勢の教育界においてフランス語の占める相対的勢力はさらに減少した。このような英語,ドイツ語,フランス語の外国語教育における勢力関係は,根本的には覆されることなく今日に及んでいるが,この間明治・大正・昭和を通じて,特にフランス文学の研究や翻訳・紹介が活発に行われ,日本の文学界に大きな影響を及ぼしてきた事実は見のがせない。なお,第2次世界大戦後の学制改革に伴い,フランス語はドイツ語と並んで多くの新制大学で第2外国語として採用されるにいたり,また,種々の語学機関や放送,レコード,テープを通じての教育・学習が盛んになったことにより,フランス語学習者の数は戦前に比べ飛躍的に増大した。…

※「外国語教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外国語教育の関連キーワードハミルトン(Sir William Rowan Hamilton)ランゲージ・ラボラトリー日本のおもな学会・協会イマージョンプログラム外国語教育メディア学会グローバルラーニングミッション・スクールジェットプログラムブルームフィールド総合的な学習の時間イーゴリ イワノフアテネ・フランセGKA助成金問題シリアの教育制度オーラルメソッド構造改革特別区域群馬県立女子大学アテネフランセイェスペルセンH.V. メサ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外国語教育の関連情報