コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調義/調儀 チョウギ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぎ〔テウ‐〕【調義/調儀】

工夫・策略をめぐらすこと。また、その才知
「諸事につきて、その身―のよきゆゑぞかし」〈浮・永代蔵・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうぎ【調義】

策略をめぐらすこと。工夫すること。またその才知。才覚。算段。 「次第に家栄えけるは、諸事につきて其の身-のよきゆゑぞかし/浮世草子・永代蔵 1
攻撃すること。 「長沼の皆川山城守が城を御-のため/北条記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

調義/調儀の関連キーワード北野 元峰上田秋成浮世草子諸事

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android