コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談林十百韵 だんりんとっぴゃくいん

世界大百科事典 第2版の解説

だんりんとっぴゃくいん【談林十百韵】

俳諧の連句集。正しくは《江戸俳諧談林十百歆》。松意(しようい)編。1675年(延宝3)刊。江戸談林(檀林)を名のる雪柴(せつさい)・在色(さいしき)・一鉄・正友・志計・一朝・松臼(しようきゆう)・卜尺(ぼくせき)・松意の9人が,宗因の〈されば爰(ここ)に談林の木あり梅の花〉を巻頭に興行した百韻巻。宗因の発句と,〈飛躰(とびてい)〉と呼ばれる奇矯な俳風によって,一躍〈西は長崎,東は仙台〉(在色《暁眠起》)まで鳴り響いたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の談林十百韵の言及

【談林俳諧】より


[最盛期]
 宗因の《蚊柱(かばしら)百句》(1674)をめぐり,論難書《しぶうちわ》,翌1675年惟中(いちゆう)の《しぶ団(うちわ)返答》が出され,新旧の対立がにわかに激化した。同年京都から高政(たかまさ)の《絵合(えあわせ)》,大坂から宗因加点の《大坂独吟集》,江戸から松意らの《談林十百韵(とつぴやくいん)》が出され,三都に浸透した談林の勢力をしのばせた。惟中が《俳諧蒙求(もうぎゆう)》を著し,老荘思想を背景に俳諧寓言(ぐうげん)説を展開して新興談林俳諧に理論的裏付けを与え,無心所着(むしんしよぢやく)の効用を力説したのもこの年である。…

※「談林十百韵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android