コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪蘇山(初代) すわ そざん

3件 の用語解説(諏訪蘇山(初代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

諏訪蘇山(初代)

陶芸家。金沢生。名は好武。東京に出て陶画を学び製陶を自営、のち金沢にもどり製陶場に務め、教職にもあった。その後京都に移り五条坂で独立、青磁、白磁、彩磁のほか窯変の法など釉薬の研鑽に努め、中国の砧青磁の写しを得意とした。また朝鮮古窯址の調査を行なう。帝室技芸員。大正11年(1922)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪蘇山(初代) すわ-そざん

1852-1922 明治-大正時代の陶芸家。
嘉永(かえい)5年5月25日生まれ。九谷陶器会社,石川県工業学校などにつとめ,明治33年京都の錦光山製陶場にうつる。40年独立して五条坂に開窯,すぐれた青磁を製作した。また朝鮮の高麗(こうらい)古窯の調査,再興にあたる。大正6年帝室技芸員。大正11年2月8日死去。71歳。加賀(石川県)出身。名は好武(よしたけ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

諏訪蘇山(初代)

没年:大正11.2.8(1922)
生年:嘉永5(1852)
明治大正期を代表する京都の陶工。金沢生まれ。名は好武,幼名を栄三郎と称した。22歳のとき,東京に出て彩雲楼旭山に陶画を学んだが,間もなく帰京して九谷陶器会社に勤めた。のち石川県立工業学校彫刻科の助教諭となり,九谷焼の彫像を手がけた。明治33(1900)年京都の錦光山製陶所に招かれ,40年独立して五条坂に窯を開き,青磁を完成,蘇山青磁と賞された。白磁にも秀作を残している。大正3(1914)年には,朝鮮李王家のために高麗窯の再興に尽力した。大正6年帝室技芸員。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諏訪蘇山(初代)の関連キーワード楽弘入大樋焼佐々木与三島本徳次郎帯山与兵衛(9代)高木徳平土谷一光(2代)寺岡磯次郎文二郎楽徳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone