論理和(読み)ロンリワ

デジタル大辞泉「論理和」の解説

ろんり‐わ【論理和】

logical disjunction論理演算の一。二つの命題pqのどちらか一方が「」(または「1」)であれば「真」(または「1」)となる、「pまたはq」という命題、または演算のこと。両方の命題が「真」であっても成り立ち、包含的論理和ともいう。どちらか一方の命題が「真」であるときだけ成り立つ場合は排他的論理和になる。選言。離接りせつORオアコンピューターでこのような演算を行う論理回路においては、電流が流れる場合を「真」、流れない場合を「」と対応させ、OR回路などと呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「論理和」の解説

ろんり‐わ【論理和】

〘名〙
① 二つの命題を接続詞「または」またはその同義語「もしくは」「あるいは」などで結んで得られる合成命題。演算記号は「∨」。二つの命題AとBの少なくとも一方が真のときにこの命題 A∨B は真になる。離接。
コンピュータで、「0」と「1」の二つのをとる入力が少なくとも一つ「1」のとき、出力が「1」となる論理的な操作。オア。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「論理和」の解説

論理和

論理演算のひとつ。ORとも呼ばれる。入力した値が真なら「1」、偽なら「0」として、2つの値のの結果を出力する。2つの値のどちらかが「1」の場合、計算結果は「1」になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「論理和」の解説

論理和
ろんりわ

選言命題」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android