コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選言 センゲン

デジタル大辞泉の解説

せん‐げん【選言】

論理学で、命題と命題を「または」「あるいは」に相当する記号で結合する形式。また、それで表された立言

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんげん【選言 disjunction】

論理学の用語。A,Bを二つの名詞あるいは二つの命題(文)とする。このとき,〈AまたはB〉をABの選言といい,ABをその選言肢という。A,Bを命題とするとき,〈または〉の用法には,二つの選言肢がともに真の場合全体を偽と考える〈排反的または〉と,全体を真と考える〈両立的または〉の2種類がある。例えば,〈a×b=0ならば,a=0かまたはb=0〉というときの〈または〉は両立的である。現代論理学では後者の〈または〉を∨と記号化し,ABのように書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんげん【選言】

〘論〙 命題と命題を「あるいは」「または」に相当する記号で結合する仕方。また、それで得られた立言。論理和。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

選言の関連キーワード選言的三段論法トートロジー論理的結合子定言的判断思考心理学トリレンマ仮言的判断離接的判断離接的概念ディレンマ命題論理学選言的判断ジレンマ論理記号論理回路命題論理両刀論法選言原理選言命題交換法則

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android