コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諷諫 フウカン

デジタル大辞泉の解説

ふう‐かん【××諫】

[名](スル)遠まわしに忠告すること。また、その忠告。
「細君の顔には多少―の意が現れていた」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

諷諫の関連キーワード封・楓・諷・風後花園天皇謝氏南征記足利義政司馬相如五諫筆意

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android