諷諫(読み)ふうかん

精選版 日本国語大辞典「諷諫」の解説

ふう‐かん【諷諫】

〘名〙 たとえ話をして、遠まわしにいさめること。他の事にことよせて、それとなくいさめること。
※明衡往来(11C中か)中本「早可跡之旨。令給耳」 〔史記‐滑稽伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「諷諫」の解説

ふう‐かん【××諫】

[名](スル)遠まわしに忠告すること。また、その忠告。
「細君の顔には多少―の意が現れていた」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「諷諫」の解説

【諷諫】ふうかん

それとなく諫める。〔史記、滑稽、優孟伝〕(もと)楚の樂人なり。(たけ)にして多辯、常に談笑を以て諷諫す。~楚の(しやう)叔孫敖、其の賢人なるを知り、善く之れを待つ。

字通「諷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android