談笑(読み)だんしょう

精選版 日本国語大辞典「談笑」の解説

だん‐しょう ‥セウ【談笑】

〙 心安く、話したり笑ったりすること。打ち解けて楽しく話し合うこと。
※三教指帰(797頃)下「婉孌蘭友、荒壠之側、復無笑理」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三序「此頃魯子が著述の小説安愚楽鍋三輯の稿を披閲して、談笑(ダンショウ)諷諫の筆意に感あり」 〔孟子‐告子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「談笑」の解説

【談笑】だんしよう(せう)

話したり笑ったりする。〔史記、滑稽、優孟伝〕(もと)楚の樂人なり。長(たけ)。多辯にして、常に談笑を以て諷諫(ふうかん)す。

字通「談」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android