コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸戸清六 もろと・せいろく

朝日日本歴史人物事典の解説

諸戸清六

没年:明治39.11.12(1906)
生年:弘化3.1.26(1846.2.21)
明治期の実業家。地主・商人の諸戸清太夫の子。伊勢国(三重県)桑名郡の木曾岬村生まれ。蓄財の才にたけ明治10(1877)年に西南戦争が起こるや,米価の騰貴を見越して米の独占販売をする一方,木曾川沿岸の荒蕪地を開墾して大地主となり,巨富を築くが,のちには主要な投資対象を鉄道株や山林,また精米業に移した。資産は4男清吾(のちに清六を襲名)が受け継ぎ,大正11(1922)年の土地所有1236町歩(約1225ha)に達した。昭和8(1933)年には資産額1000万円。<著作>「諸戸家の家憲」(岩崎徂堂『日本現代富豪名門の家憲』)<参考文献>瀬川光行『南海英傑伝』,稲田克己「諸戸清六翁・天下の偉人」(『修養叢書』1編),桐井宗雄『三重県の産業と産業人』

(渋谷隆一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

諸戸清六の関連キーワード諸戸 清六(2代目)諸戸清六(2代)桑名(市)1月26日川崎正蔵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸戸清六の関連情報