コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講頌 コウショウ

大辞林 第三版の解説

こうしょう【講頌】

歌会のとき、発声はつせいがふしをつけて初句をうたうのに続いて第二句目から合唱すること。また、その役。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

講頌の関連キーワード西五辻 文仲大原 重明金子 有道前田 利鬯大原重明金子有道大原重朝歌披講歌会始宮中

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講頌の関連情報