コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護送船団方式 ゴソウセンダンホウシキ

デジタル大辞泉の解説

ごそうせんだん‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【護送船団方式】

護送船団は最も速度の遅い船舶に合わせて航行するところから》特定の産業において最も体力のない企業が落伍しないよう、監督官庁がその産業全体を管理・指導しながら収益・競争力を確保すること。特に、第二次大戦後、金融秩序の安定を図るために行われた金融行政を指していう。→ビッグバン3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごそうせんだんほうしき【護送船団方式】

弱小金融機関に足並みを揃え、過度の競争を避けて、金融機関全体の存続と利益を実質的に保証すること。 〔船団を護衛するとき、最も速力の遅い船に合わせて航行することからいう。1990年代後半の改革が始まるまでの日本の金融行政をいった語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

護送船団方式の関連キーワード無制限潜水艦戦金融持株会社規制金利漁業金融銀行再編金融機関Uボート金融業汚職疑獄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

護送船団方式の関連情報