護送船団方式(読み)ごそうせんだんほうしき

精選版 日本国語大辞典「護送船団方式」の解説

ごそうせんだん‐ほうしき ‥ハウシキ【護送船団方式】

〘名〙 (海外の占領地などに物資を運ぶ船団海軍が護衛したとき、速力の最も遅い船に合わせて航海したところから) 特定の産業を行政が保護して、弱小企業に合わせて足並をそろえ、過度の競争を避けて安定した秩序を確保したうえで、その産業全体の存続と収益力を高める政策。戦後日本の金融行政などについていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「護送船団方式」の解説

ごそうせんだん‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【護送船団方式】

護送船団は最も速度の遅い船舶に合わせて航行するところから》特定の産業において最も体力のない企業が落伍しないよう、監督官庁がその産業全体を管理・指導しながら収益・競争力を確保すること。特に、第二次大戦後、金融秩序の安定を図るために行われた金融行政を指していう。→ビッグバン3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android