谷口藍田(読み)たにぐち らんでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口藍田 たにぐち-らんでん

1822-1902 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年8月15日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の広瀬淡窓(たんそう),江戸の羽倉簡堂(はぐら-かんどう)らにまなぶ。肥前鹿島(かしま)藩(佐賀県)の藩校弘文館の教授,権(ごんの)大参事をつとめる。晩年は東京に私塾藍田書院をひらいた。明治35年11月14日死去。81歳。肥前有田(佐賀県)出身。名は中秋。字(あざな)は大明。別号介石

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android