コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷山資忠 たにやま すけただ

2件 の用語解説(谷山資忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷山資忠 たにやま-すけただ

?-1334 鎌倉時代の武士。
代々薩摩(さつま)(鹿児島県)谷山郡の郡司(ぐんじ)。弘安(こうあん)元年(1278)から正安(しょうあん)2年(1300)ごろまで,同郡の支配をめぐって地頭島津氏との間に相論(訴訟)をくりかえした。建武(けんむ)元年12月死去。法名は覚心(信)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

谷山資忠

没年:建武1.12(1334)
生年:生年不詳
鎌倉後期の南九州の郡司。薩摩平氏の一族で薩摩国谷山郡司を相伝する谷山氏の4代目で,忠能の子。同郡一部地頭の所務を請け負っていたが,弘安1(1278)年より所務の相論を始め,晩年まで繰り返した。<参考文献>三木靖「辺境における郡司と地頭の相剋」(『人物でたどる日本荘園史』)

(三木靖)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷山資忠の関連キーワード大番衆河辺道綱平業忠長井貞縁長尾景煕原田佐秀藤原盛景本田次郎源仲頼(2)鬼王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone