コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷山資忠 たにやま すけただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷山資忠 たにやま-すけただ

?-1334 鎌倉時代の武士。
代々薩摩(さつま)(鹿児島県)谷山郡の郡司(ぐんじ)。弘安(こうあん)元年(1278)から正安(しょうあん)2年(1300)ごろまで,同郡の支配をめぐって地頭島津氏との間に相論(訴訟)をくりかえした。建武(けんむ)元年12月死去。法名覚心(信)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

谷山資忠

没年:建武1.12(1334)
生年:生年不詳
鎌倉後期の南九州の郡司。薩摩平氏の一族で薩摩国谷山郡司を相伝する谷山氏の4代目で,忠能の子。同郡一部地頭の所務を請け負っていたが,弘安1(1278)年より所務の相論を始め,晩年まで繰り返した。<参考文献>三木靖「辺境における郡司と地頭の相剋」(『人物でたどる日本荘園史』)

(三木靖)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

谷山資忠の関連キーワード山田宗久鎌倉時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android