コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷田部東壑 やたべ とうがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷田部東壑 やたべ-とうがく

1733-1789 江戸時代中期の医師,儒者。
享保(きょうほう)18年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。彰考館(「大日本史」の編修所)の館員となるが,数年で免職。京都で吉益東洞古医方をならい,明和8年ふたたび館員となる。「克成編」を編集した。寛政元年3月18日死去。57歳。名は常徳。字(あざな)は子玄,のち子朴。通称は藤八郎。著作に「東壑筆記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

谷田部東壑の関連キーワード石川安亭立原翠軒儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android