谷間姫百合(読み)たにまのひめゆり

精選版 日本国語大辞典「谷間姫百合」の解説

たにま‐の‐ひめゆり【谷間姫百合】

〘名〙 植物「すずらん(鈴蘭)」の異名。
破戒(1906)〈島崎藤村〉七「其時は心地(こころもち)の好い微風(そよかぜ)鈴蘭(君影草とも、谷間の姫百合とも)の花を渡って、初夏の空気を匂はせたことを思出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「谷間姫百合」の解説

谷間姫百合
(別題)
たにまのひめゆり

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
谷間の姫百合
初演
明治22.5(東京・春木座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android