コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆銀糖

デジタル大辞泉プラスの解説

豆銀糖

岩手県盛岡市の名物菓子。水飴砂糖などを煮立てたものに青豆きな粉を加え、棒状にしたもの。薄くスライスしたものもある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豆銀糖
まめぎんとう

南部煎餅(せんべい)や黄精飴(おうせいあめ)とともに幕末からの岩手県盛岡銘菓で、きな粉菓子の一種。青大豆(あおだいず)粉を水飴(みずあめ)で練り固めて棒状にのし、一口ずつに切れ目が入れてある。嘉永(かえい)年間(1848~1854)の創作といわれるが、作者は明らかでない。仕法からいえば京菓子の洲浜(すはま)と同じで、豆糖といわれる菓子である。豆銀糖の名は、江戸時代の貨幣の豆板銀(円形)に模したからであるが、現在は角形の一分銀風に姿が変わった。豆銀糖と似た菓子に、山形県米沢(よねざわ)銘菓「時雨(しぐれ)の松」がある。このほうは木型で押した豆糖である。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豆銀糖の関連キーワード日本のおもな郷土菓子岩手県盛岡市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android