コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆銀糖

2件 の用語解説(豆銀糖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

豆銀糖

岩手県盛岡市の名物菓子。水飴、砂糖などを煮立てたものに青豆のきな粉を加え、棒状にしたもの。薄くスライスしたものもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豆銀糖
まめぎんとう

南部煎餅(せんべい)や黄精飴(おうせいあめ)とともに幕末からの岩手県盛岡銘菓で、きな粉菓子の一種。青大豆(あおだいず)粉を水飴(みずあめ)で練り固めて棒状にのし、一口ずつに切れ目が入れてある。嘉永(かえい)年間(1848~1854)の創作といわれるが、作者は明らかでない。仕法からいえば京菓子の洲浜(すはま)と同じで、豆糖といわれる菓子である。豆銀糖の名は、江戸時代の貨幣の豆板銀(円形)に模したからであるが、現在は角形の一分銀風に姿が変わった。豆銀糖と似た菓子に、山形県米沢(よねざわ)銘菓「時雨(しぐれ)の松」がある。このほうは木型で押した豆糖である。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone