コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆銀糖

2件 の用語解説(豆銀糖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

豆銀糖

岩手県盛岡市の名物菓子。水飴、砂糖などを煮立てたものに青豆のきな粉を加え、棒状にしたもの。薄くスライスしたものもある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豆銀糖
まめぎんとう

南部煎餅(せんべい)や黄精飴(おうせいあめ)とともに幕末からの岩手県盛岡銘菓で、きな粉菓子の一種。青大豆(あおだいず)粉を水飴(みずあめ)で練り固めて棒状にのし、一口ずつに切れ目が入れてある。嘉永(かえい)年間(1848~1854)の創作といわれるが、作者は明らかでない。仕法からいえば京菓子の洲浜(すはま)と同じで、豆糖といわれる菓子である。豆銀糖の名は、江戸時代の貨幣の豆板銀(円形)に模したからであるが、現在は角形の一分銀風に姿が変わった。豆銀糖と似た菓子に、山形県米沢(よねざわ)銘菓「時雨(しぐれ)の松」がある。このほうは木型で押した豆糖である。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豆銀糖の関連キーワードからめ餅岩手県盛岡市愛宕町岩手県盛岡市上田岩手県盛岡市内丸岩手県盛岡市加賀野岩手県盛岡市門岩手県盛岡市繋岩手県盛岡市中野岩手県盛岡市本宮岩手県盛岡市湯沢

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone