豊嶋 弥左衛門(読み)テシマ ヤザエモン

20世紀日本人名事典の解説

豊嶋 弥左衛門
テシマ ヤザエモン

大正・昭和期の能楽師(金剛流シテ方)



生年
明治32(1899)年5月1日

没年
昭和53(1978)年1月3日

出生地
広島県

別名
前名=豊嶋 弥平,豊嶋 一

主な受賞名〔年〕
芸術祭大賞〔昭和47年〕

経歴
明治37年「鞍馬天狗」の花見で初舞台、大正元年「猩々」で初シテ。2年京都に出て金剛謹之輔に入門し、謹之輔没後は初代金剛巌に師事する。昭和23年家名の弥左衛門を襲名。32年日本楽会会員となり、52年重要無形文化財の指定を受け、同年京都市文化功労者に選ばれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

豊嶋 弥左衛門
テシマ ヤザエモン


職業
能楽師(金剛流シテ方)

肩書
重要無形文化財保持者(能シテ方)〔昭和52年〕

本名
豊嶋 弥平(テシマ ヤヘイ)

別名
前名=豊嶋 一(テシマ ハジメ)

生年月日
明治32年 5月1日

出生地
広島県

経歴
高安流ワキ方・豊嶋一松の長男に生まれ、男兄弟6人全員が能楽師となる。明治37年「鞍馬天狗」の花見で初舞台、大正元年「猩々」で初シテ。2年京都に出て金剛謹之輔に入門し、豊嶋一を名乗る。謹之輔没後は初代金剛巌に師事する。12年一時広島に帰郷、翌年にかけて、兄弟6人で演能旅行をする。昭和4年独立。20年父、弟3人を失う。23年追善能で家名の弥左衛門を襲名。32年から日本能楽会会員。38年後援会・豊春会発足。52年人間国宝の認定を受け、同年京都市文化功労者に選ばれた。代表的な舞台に「野宮」「融」「雪」「殺生石」「泰山府君」「半蔀」など。著書に「弥左衛門芸談」がある。

受賞
勲四等旭日小綬章 芸術祭賞大賞〔昭和47年〕「雪」,芸術祭賞優秀賞〔昭和48年〕「望月」,京都市文化功労者〔昭和52年〕

没年月日
昭和53年 1月3日 (1978年)

家族
父=豊嶋 一松(高安流ワキ方),二男=豊嶋 三千春,弟=豊嶋 豊,豊嶋 十郎

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

豊嶋 弥左衛門 (てしま やざえもん)

生年月日:1899年5月1日
大正時代;昭和時代の能楽師(金剛流シテ方)
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android