豊竹 時太夫(6代目)(読み)トヨタケ トキタユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

豊竹 時太夫(6代目)
トヨタケ トキタユウ


職業
人形浄瑠璃義太夫

本名
田村 竹松

別名
前名=豊沢 広右衛門,鶴沢 文駄

生年月日
天保1年 1月1日

出生地
摂津国灘(兵庫県)

経歴
初めは三味線を志して4代目豊沢広助に入門。広右衛門と名乗るが、その後改名を重ねて鶴沢文駄となる。のち大音・美声が認められて太夫に転じ、明治4年5代目竹本春太夫門下となり、6代目豊竹時太夫を襲名した。人気の高さが妬まれ水銀を飲まされて美声を失った。

没年月日
明治38年 8月17日 (1905年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報