コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹肥前掾 とよたけ ひぜんのじょう

2件 の用語解説(豊竹肥前掾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹肥前掾 とよたけ-ひぜんのじょう

1705-1758 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宝永2年生まれ。大坂の人。義太夫節豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう)の弟子。初名は新太夫。元文3年肥前掾を受領し,江戸堺町に肥前座をおこす。劇場主,座元,太夫の3役をかね,義太夫節を江戸に普及させた。宝暦8年1月5日死去。54歳。通称は新右衛門。俳号は蛙井(あせい)。俳書に「かくれんぼ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹肥前掾

没年:宝暦8.1.5(1758.2.12)
生年:宝永2(1705)
江戸中期,義太夫節の太夫。通称新右衛門。大坂松屋町の商家の出身。幼少のころから音曲に親しみ,豊竹上野少掾(越前少掾)のもとへ入門,初名豊竹新太夫。豊竹座の中堅太夫として活躍しはじめた享保18(1733)年,退座して江戸に下り,外記座に出演。元文3(1738)年には豊竹肥前掾藤原清正を受領し,江戸堺町(中央区日本橋芳町,人形町)に肥前座を開場する。肥前掾は太夫,興行主,劇場主を兼務し,江戸における義太夫節流行の基礎を作った。延享2(1745)年,無届け興行の科で失脚するが間もなく再興。晩年,門弟の伊勢太夫に肥前掾を譲り,杉山丹後掾を名乗ろうとするがうまく行かず,一時宮内とも名乗るが,もとの肥前掾に戻った。俳諧もたしなみ,俳名は蛙井。<参考文献>祐田善雄『浄瑠璃史論考』

(桜井弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊竹肥前掾の関連キーワード半太夫節江戸半太夫義太夫語り義太夫三味線義太夫本豊竹若太夫竹本咲太夫(3代)竹本頼母豊竹此太夫(3代)豊竹駒太夫(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone