コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊階安人 とよしなの やすひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊階安人 とよしなの-やすひと

797-861 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)16年生まれ。19年氏名が河俣から豊階に,仁寿(にんじゅ)2年姓(かばね)が公(きみ)から真人(まひと)になる。図書頭(ずしょのかみ),大学頭などをへて刑部大輔。正五位上。史伝とくに「漢書」に通じ,道康(みちやす)親王(文徳(もんとく)天皇),惟仁(これひと)親王(清和天皇)の東宮学士をつとめた。貞観(じょうがん)3年9月24日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android