豚草(読み)ブタクサ

デジタル大辞泉の解説

ぶた‐くさ【豚草】

キク科の一年草荒地に生え、高さ約1メートル。全体に白い毛があってざらつき、葉は羽状に細かく裂けて、裂片は線形。雌雄同株または異株。夏、黄色い花を穂状につけ、オオブタクサとともに花粉症の原因となる。北アメリカの原産で、明治初年に渡来 夏》「なかつづく―の花さかりなり/時彦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶたくさ【豚草】

キク科の一年草。北アメリカ原産。明治の初めに渡来、荒地などに群生。高さ約1メートル。葉は二、三回羽裂。夏、枝先に黄色の雄性頭花を穂状につけ、葉腋に雌性頭花を少数つける。花粉は、アレルギーの原因になることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

豚草 (ブタクサ)

学名:Ambrosia artemisiaefolia var.elatior
植物。キク科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豚草の関連情報