コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西梅花 なかにしばいか

5件 の用語解説(中西梅花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中西梅花
なかにしばいか

[生]慶応2(1866).4.1. 江戸
[没]1898.9.3. 東京
詩人,小説家。本名,幹男。 1888年読売新聞社に入り,『機姫物語』 (1889) ほか数編の小説を書いたが大成せず 90年退社。奔放な情熱と東洋的な諦観と虚無の交錯する『新体梅花詩集』 (91) を残してまもなく精神に異常をきたした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかにし‐ばいか〔‐バイクワ〕【中西梅花】

[1866~1898]詩人・小説家。江戸の生まれ。本名、幹男。読売新聞に入社して小説を発表。のち、詩に専念。著「新体梅花詩集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中西梅花【なかにしばいか】

小説家,詩人。別号落花漂絮(ひょうじょ),梅花道人等。江戸生れ。饗庭篁村に兄事し,1888年頃《読売新聞》に入社。《国事探偵 この手柏》など数編の小説や雑報を書いたが,1890年5月退社。
→関連項目新体詩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西梅花 なかにし-ばいか

1866-1898 明治時代の詩人,小説家。
慶応2年4月1日生まれ。明治21年ごろから23年まで読売新聞社につとめ,同紙上に「国事探偵この手柏」などの小説や批評を発表。24年「新体梅花詩集」を刊行し,自由奔放な詩風で注目された。明治31年9月30日死去。33歳。江戸出身。本名は幹男。別号に落花漂絮(ひょうじょ)。
【格言など】世の中は/唯おもしろきものなるを/其おもしろきものとては/唯現在の今日のほか/明日も明後日も無きものを(「出放題」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中西梅花

没年:明治31.9.30(1898)
生年:慶応2.4.1(1866.5.15)
明治時代の詩人,小説家。浅草千束町の漢方医済里の子。幼少時は学校制度の整わぬ時代でもあり,特に学校には行かなかった。21,2歳ごろから文学創作を始め,幸田露伴,尾崎紅葉らに接近し,内田魯庵とも親しかった。明治21(1888)年ごろ,読売新聞社に入社し,小説を発表したが,紅葉と対立して退社。その後,徳富蘇峰との縁で『国民新聞』に関係する。24年『新体梅花詩集』を刊行。森鴎外,森田思軒,蘇峰の序文があり,梅花が注目されていたことが知られる。粗雑な新体詩が流行していた時代に,その作品は極めて破格,詩想的にも大胆で,近代詩の萌芽を含んでいる。精神に乱調を来し,6年あまりの療養生活ののち,死去。<参考文献>『近代詩集Ⅰ』(日本近代文学大系53巻)

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中西梅花の関連キーワード平井晩村草千里ヶ浜湯本求真演説家大鴉茨城県土浦市千束町京都府京都市北区鷹峯千束町石川亀翁丸岡九華山本露葉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone