コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気高 けたか

2件 の用語解説(気高の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気高
けたか

鳥取県東部,鳥取市北西部の旧町域。日本海に面する。 1955年浜村町と酒津村,瑞穂村,逢坂村,宝木村の4村が合体して気高町が発足。 2004年鳥取市に編入。東部を河内川が北流し,海岸には浜村砂丘および宝木砂丘が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気高
けたか

鳥取県中北部、気高郡にあった旧町名(気高町(ちょう))。現在は鳥取市の西部を占める地域。1955年(昭和30)浜村町と酒津(さけのつ)、宝木(ほうぎ)、瑞穂(みずほ)、逢坂(おうさか)の4村が合併して成立。2004年(平成16)国府(こくふ)町、河原(かわはら)町、用瀬(もちがせ)町、鹿野(しかの)町、青谷(あおや)町、福部(ふくべ)村、佐治(さじ)村とともに鳥取市に編入。名称の「気高」は旧郡名にちなむ。旧町域は、北は日本海に臨み、JR山陰本線、国道9号が通じる。旧溺れ谷(おぼれだに)の埋積平野は砂丘で縁どられ、冬季に潟湖(せきこ)状となる水尻(みずしり)池を抱く。米作のほか、水耕栽培によるサラダ菜、ショウガ、葉タバコ、ナシなどがつくられる。中心の浜村は民謡『貝殻節』で知られた温泉町。船磯(ふないそ)と酒津は江戸時代からの漁村で、西方の長尾(ながお)岬台上の魚見台は好展望点。宝木と水尻の伝統行事菖蒲(しょうぶ)綱は「因幡(いなば)の菖蒲(しょうぶ)綱引き」の名称で国の重要無形民俗文化財に指定されている。県の保護文化財では、酒津東昌寺の切支丹灯籠(キリシタンどうろう)と常松(つねまつ)の木造薬師如来坐像(ざぞう)、県の無形民俗文化財では姫路(ひめじ)神社の「百手(ももて)の神事」がある。この神事は、二夜三日間潔斎(けっさい)した神官が、的を弓で射て五穀豊穣(ほうじょう)を祈るもの。秋には牛舌(うしのした)祭がある。日本海岸一帯は西因幡県立自然公園。海水浴場が観光客を集める。[岩永 實]
『『気高町誌』(1977・気高町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気高の関連キーワード鳥取県鳥取市覚寺鳥取県鳥取市叶鳥取県鳥取市北園鳥取県鳥取市北村鳥取県鳥取市嶋鳥取県鳥取市新鳥取県鳥取市西町鳥取県鳥取市浜坂鳥取県鳥取市布勢鳥取県鳥取市松上

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気高の関連情報