コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気高 けたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気高
けたか

鳥取県東部,鳥取市北西部の旧町域。日本海に面する。 1955年浜村町と酒津村,瑞穂村,逢坂村,宝木村の4村が合体して気高町が発足。 2004年鳥取市に編入。東部を河内川が北流し,海岸には浜村砂丘および宝木砂丘が発達。砂丘地ではタバコの栽培が盛んであったが,現在は花卉,ナシを栽培。酒津,船磯の小漁港では沿岸漁業が行なわれる。民謡の『貝殻節』はこの沖合いのホタテガイ漁をうたったもの。中心集落の浜村は温泉町として発展している (→浜村温泉 ) 。一部は西因幡県立自然公園に属し,国の重要無形民俗文化財の菖蒲綱引き行事を伝える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気高
けたか

鳥取県中北部、気高郡にあった旧町名(気高町(ちょう))。現在は鳥取市の西部を占める地域。1955年(昭和30)浜村町と酒津(さけのつ)、宝木(ほうぎ)、瑞穂(みずほ)、逢坂(おうさか)の4村が合併して成立。2004年(平成16)国府(こくふ)町、河原(かわはら)町、用瀬(もちがせ)町、鹿野(しかの)町、青谷(あおや)町、福部(ふくべ)村、佐治(さじ)村とともに鳥取市に編入。名称の「気高」は旧郡名にちなむ。旧町域は、北は日本海に臨み、JR山陰本線、国道9号が通じる。旧溺れ谷(おぼれだに)の埋積平野は砂丘で縁どられ、冬季に潟湖(せきこ)状となる水尻(みずしり)池を抱く。米作のほか、水耕栽培によるサラダ菜、ショウガ、葉タバコ、ナシなどがつくられる。中心の浜村は民謡『貝殻節』で知られた温泉町。船磯(ふないそ)と酒津は江戸時代からの漁村で、西方の長尾(ながお)岬台上の魚見台は好展望点。宝木と水尻の伝統行事菖蒲(しょうぶ)綱は「因幡(いなば)の菖蒲(しょうぶ)綱引き」の名称で国の重要無形民俗文化財に指定されている。県の保護文化財では、酒津東昌寺の切支丹灯籠(キリシタンどうろう)と常松(つねまつ)の木造薬師如来坐像(ざぞう)、県の無形民俗文化財では姫路(ひめじ)神社の「百手(ももて)の神事」がある。この神事は、二夜三日間潔斎(けっさい)した神官が、的を弓で射て五穀豊穣(ほうじょう)を祈るもの。秋には牛舌(うしのした)祭がある。日本海岸一帯は西因幡県立自然公園。海水浴場が観光客を集める。[岩永 實]
『『気高町誌』(1977・気高町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

気高の関連キーワード鳥取和牛オレイン55エジプト国立博物館因幡の菖蒲綱引きチョモ・ラーリ山鹿野(鳥取県)国府(鳥取県)酒津のトンドウ武信 由太郎池原 魚眠洞鳥取県鳥取市浜村[温泉]涌島 古代子ふじやま和牛谷本 伊太郎徳安 実蔵奥田 柳蔵布勢の桜姫山田与五郎青谷〈町〉鹿野〈町〉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気高の関連情報