コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鍬 ウマグワ

デジタル大辞泉の解説

うま‐ぐわ〔‐ぐは〕【馬×鍬】

まぐわ

ま‐ぐわ〔‐ぐは〕【馬×鍬】

牛や馬にひかせて水田の土をかきならす農具。長さ1メートルほどの横の柄に、(くし)状に取り付けたもの。うまわ。

まん‐が〔‐ぐわ〕【×鍬】

《「まんぐわ」とも》「まぐわ」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まぐわ【馬鍬】

馬耙とも書く。地方によっては〈まんぐわ(万)〉となまっていう所もある。水田を耕起したあと,田植をする数日前に水を入れ,代搔き(しろかき)をするための畜力用具。長さが0.6~1mの横木に,12~25cmの歯を植え込み,横木には操るために鳥居状の取手(横柄)と,牽引(けんいん)のための綱を結び付ける腋手(猿手)を取り付けたもの。歯は方形断面で錬鉄製が多いが,堅い木材でつくられたこともあった。歯の数は土性などにより変わるが,9~13本が一般的である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うまぐわ【馬鍬】

まぐわ【馬鍬】

牛馬にひかせて、田畑の土を細かく砕いてかきならす農具。横木に櫛くしの歯のように刃を付けたもの。まんが。うまぐわ。まんのう。

まんが【馬鍬】

〔「まんぐわ」とも〕
「まぐわ(馬鍬)」の転。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬鍬
まぐわ

馬耙(まぐわ)とも書く。横木に長さ15センチメートルくらいの歯(鉄あるいは竹)を、その長さと同じくらいの間隔で植え、横木から前方水平に轅(ながえ)2本を取り付け、綱を介して牛や馬に牽(ひ)かせ、田の代掻(しろかき)をする農具。横木の上方に鳥居状の把手(とって)を設け馬鍬の姿勢を調節する。中国起源のものと考えられているが、アジアの水田地帯では一般的な農具である。中国で、畑地の砕土に用いるものには「耙(は)」、代掻には「(そう)」をあてている。馬鍬は華北から朝鮮半島を経由して伝えられたと考えられている。なお、今日では、トラクター装着あるいは歩行型のロータリー耕耘(こううん)装置で行っている。[堀尾尚志]
『飯沼二郎・堀尾尚志著『農具』(1976・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬鍬の言及

【農具】より

…このように西アフリカのミレット農耕はすべての作業が人力によってなされるのを特色とするが,北方の地域では近年犂の導入もみられるようになった。 デカン高原のミレット農耕では,整地は無床ないし短床のインド犂による犂耕(りこう)と,角材の横木の下に長い木あるいは鉄の歯をとりつけた耙(まぐわ)(熊手耙)による耙耕(はこう)とを組み合わせて行われる。犂,耙ともに2頭の雄牛でひく軛(くびき)にまっすぐな轅(ながえ)で接続されて牽引(けんいん)される。…

※「馬鍬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬鍬の関連キーワード香取権兵衛さなぶり藪に馬鍬飯沼二郎奈良専二藪で馬鍬レーキまんが代掻き貝殻節藪・薮ハロー砕土機田畑代掻牛馬馬具万能特牛イネ

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android