コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞極 ていごく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞極 ていごく

1677-1756 江戸時代中期の僧。
延宝5年生まれ。浄土宗。京都の人。厭求(えんぐ)のもとで出家,江戸小石川の伝通院でまなぶ。三河島の通津庵,根岸の四休庵を念仏道場とし,きびしい戒律をまもる生活をおくった。宝暦6年6月2日死去。80歳。俗姓大西。通称は四休庵。号は一蓮社立誉。著作に「法の道芝」「五重廃立鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞極の関連キーワードフルカラーバークリー堀衆楽山脇巻石ロシア演劇竹田出雲(2代)ブラック七年戦争ブラック(Joseph Black)津波地震

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android