コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道芝 ミチシバ

デジタル大辞泉の解説

みち‐しば【道芝】

道ばたに生えている芝草。また、雑草。
「問ふ人も嵐吹きそふ秋は来て木の葉にうづむ宿の―」〈新古今・秋下〉
道案内をすること。また、そのもの。
「その程は宣旨の君ぞ、くはしうは、―にて知り給ひつれ」〈夜の寝覚・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちしば【道芝】

道端の芝草。路傍の草。
チカラシバの異名。
道案内。恋の手引き。 「その-をするにつけても/とはずがたり 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

道芝 (ミチシバ)

植物。イネ科の多年草。カゼクサの別称

道芝 (ミチシバ)

植物。イネ科の多年草,園芸植物。チカラシバの別称

道芝 (ミチシバ)

植物。タデ科の一年草。ミチヤナギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

道芝の関連キーワード久保田 万太郎傾城壬生大念仏久保田万太郎百舌の草潜兵士の物語脇坂義堂菊池 剣手引き跡無し道案内宣旨貞極芝草路傍力芝草履

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android