コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨物検査特別措置法 カモツケンサトクベツソチホウ

1件 の用語解説(貨物検査特別措置法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かもつけんさ‐とくべつそちほう〔クワモツケンサトクベツソチハフ〕【貨物検査特別措置法】

朝鮮民主主義人民共和国出入りする船舶等が核・ミサイル開発に関連する物資を積載している可能性がある場合、海上保安庁税関が立ち入り検査を実施できるとする日本の法律。平成21年(2009)に国連安全保障理事会で採択された対北朝鮮制裁決議を履行するための国内法として翌年に成立。公海上でも船籍国の同意を得て検査を行うことができる。
[補説]平成21年に北朝鮮が核実験・ミサイル発射実験を相次いで強行したことを受け、国連安保理は北朝鮮に対する制裁決議を全会一致で採択。加盟国に対し、自国領域および公海上での船舶等の貨物検査、禁止品目の押収、資金の移動禁止などを求めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貨物検査特別措置法の関連キーワード勝手口出入り子NMD入り立ち船改め米国の対北朝鮮制裁決議草案北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイルの射程安保理決議1695と1718

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貨物検査特別措置法の関連情報