コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費用論争 ひようろんそう cost controversy

1件 の用語解説(費用論争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

費用論争
ひようろんそう
cost controversy

費用理論をめぐって 1920年代~30年代前半になされた論争。主としてケンブリッジ学派の内部で争われたもの。供給分析において外部経済による収益逓増下での競争的均衡の成立を主張する A.マーシャルら正統派経済学の理論に対し,P.スラッファが 1925,26年の論文において批判したことを端緒とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

費用論争の関連キーワード限界革命カルツァ・クライン理論島巡り盤遊巡り巡って理論家暦数歌麿をめぐる五人の女《生粋主義をめぐって》《劇的なるものをめぐって II》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone