コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費用論争 ひようろんそうcost controversy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

費用論争
ひようろんそう
cost controversy

費用理論をめぐって 1920年代~30年代前半になされた論争。主としてケンブリッジ学派の内部で争われたもの。供給分析において外部経済による収益逓増下での競争的均衡の成立を主張する A.マーシャルら正統派経済学の理論に対し,P.スラッファが 1925,26年の論文において批判したことを端緒とする。スラッファはマーシャルが外部経済にその基盤を求めたことを非現実的と指摘し,むしろ市場の不完全性の概念を積極的に取入れることを主張した。正統派経済理論の再検討と不完全競争理論の確立の契機となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

費用論争の関連キーワードメレローウィチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android