コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川蘭斎 かがわ らんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀川蘭斎 かがわ-らんさい

1771-1833 江戸時代後期の医師。
明和8年11月23日生まれ。賀川玄吾の次男。京都の人。父にまなび,あごにかけて胎児をひきだす産科器具探頷(たんがん)器を考案。寛政12年御所御産御用をつとめる。文化12年典薬寮医員にえらばれ,翌年にはながくとだえていた女医(にょい)博士(婦人科医官職)となった。天保(てんぽう)4年10月19日死去。63歳。名は満定。字(あざな)は子清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

賀川蘭斎の関連キーワード柚木太淳賀川蘭台難波抱節難波立愿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android