賀正(読み)がしょう

精選版 日本国語大辞典「賀正」の解説

が‐しょう ‥シャウ【賀正】

〘名〙 (「」は年の初めの月) 新年を祝うこと。現在では、年賀状や新年を祝う飾りなどに書くことばとして用いる。がせい。賀春
※続日本紀‐養老六年(722)正月癸卯「悲慕纏心、不」 〔唐会要‐巻二四・受朝賀

が‐せい【賀正】

道草(1915)〈夏目漱石〉七七「何故健三が細君の父たる彼に、賀正(ガセイ)を口づから述べなかったかの源因に就いては」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「賀正」の解説

【賀正】がせい・がしよう(がしやう)

正月を祝う朝賀。

字通「賀」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android